詐欺に遭わない給湯器交換の方法

詐欺に遭わない給湯器交換の方法 絶対に失敗しないために押さえるべきポイント

 

このページでは詐欺に遭わずに給湯器交換をするためのポイントを紹介します。



給湯器交換工事の詐欺について

給湯器交換を始めとする水回り関連の詐欺は年々増えている

暮らしのレスキューサービス「サービスごとの相談件数」

暮らしのレスキューサービス「サービスごとの相談件数」

 

リフォーム等の家庭用設備に関する詐欺は年々増えています。

「トイレの詰まりでレスキューサービスを手配したら法外な金額を請求された」などの事件はテレビなどでも報じられていますが、水漏れや給湯器の修理に付随して「給湯器交換工事の詐欺」も増えているので気を付けなければなりません。

給湯器交換工事の詐欺の内容は様々ですが、利用者の心持ち次第でいくらでも防ぐことが可能です。以下では悪徳給湯器交換業者の見分け方や詐欺に遭わないためのポイントについて解説していきます。

 

給湯器交換工事に関するトラブルの多い内容

  • インターネットやチラシ広告等を見て、利用者が自らその業者を選んでいる(押し売り等ではない)
  • 複数の業者から見積もりをとるなどの比較検討をしていない
  • 見積もり無料のはずなのに費用を請求されたり、了解を得ないまま工事に着手されてしまう
  • 作業が雑で、場合によっては現場復旧をしない

 

給湯器交換工事に関するトラブルは、向こうからやってくるのではありません。多くの場合で利用者自らが呼び寄せています。確かに騙す方と騙される方がいるなら、騙す方が100%悪いです。しかし騙される方に原因がある場合もあります。

給湯器を交換するタイミングでは、多くの場合で「お湯が使えなくて焦っている」という状況です。こんな時は一刻も早くお湯が使いたいと思うのは当然なわけで、業者側も当然それは理解しています。

もし心のどこかに「どこの業者も似たようなものだろう」という考えがあって、他の業者から見積もりを取らずに即決するようなことがあれば、それは利用者側の怠慢とも言えるでしょう。

 

酷い業者だと給湯器の修理が出来ないくせに給湯器修理の名目で集客し、給湯器交換の方向に誘導してきます。出張料が無料と言いながら、基本料という名目で請求してくる業者もいるほどです。

これらはインターネットで業者を検索した場合に、ハズレを引いた人の意見として多いものですが、ハズレを引かないようにするためには必ず複数業者から見積もりを貰って検討するか、ハズレじゃないという確信のある業者に依頼しましょう。

 

詐欺に遭わない給湯器交換の方法

複数業者から見積もりを貰う

詐欺に遭わない給湯器交換の基礎基本は「複数業者から見積もりを貰う」ことです。

悪徳業者の基本は数撃ちゃ当たる戦法で全員を騙そうとは思っておらず、ごく一部の人間が引っかかってくれればいいというスタンスで運営されています。そのため、注意深く観察してみると粗だらけであることが多いです。

その粗が一番色濃く表れるのが他業者と比較した時になります。金額的に高い場合はもちろん、金額的に安かったとしても明らかに価格相場とは違う金額だったり、他業者と比べて部材費が極端に少なかったりするので、多くの人は複数業者を比較することですぐに気付くことができるでしょう。

 

見積もりの詳細は値引き率、部材費の詳細などを細かく記載してもらう

単に見積もりを貰うと値引いた状態のまま価格を並べるパターンもありますし、部材費に関しては「お客さんに型番などを書いたところで分からない」ということから簡略化したものを出されることがあります。

もちろん多くの業者の場合はここに一切の悪意はないわけですが、できれば詳細情報が書かれた見積もりを出してもらいましょう。給湯器交換の場合、給湯器本体以外にも様々な費用が発生します。

 

作業する人の取付作業料は当然として、ガス給湯器ならガス配管部材、屋内型給湯器なら排気筒部材などの費用が掛かってくるため、中に「それらの部材を交換せずに再利用する」という業者がいた場合、部材費が明らかに安くなることが予想されるでしょう。

確かにトータルの金額は安いですが、果たしてそれが良い仕事といえるでしょうか?ちなみにガス部材や排気筒部材は交換することが原則という部材も多いので、再利用することが認められていない部材もあります。

もしそのような部材を再利用する場合は、明らかに「見せかけの金額を抑えるためにやっている行為」です。複数社の見積もりを比較すれば、この違和感には気付けるはずなので絶対に行いましょう。

 

給湯器交換業者の探し方

間違いない業者を確保する

まずは「明らかに悪徳業者じゃない給湯器交換業者」を確保します。例えば給湯器メーカーのサービス会社やガス会社など、大きな看板を掲げて商売をしている業者です。

これらの業者は価格的に高いか安いかは別にして、少なくとも騙そうと悪意を持って接してくるということはありません(あったとしても可能性は非常に低いと思われます)。

特に給湯器メーカーのサービス会社だと、とにかく不備が無いようにありとあらゆる部材を交換するケースが多いので、丁寧な仕事ぶりを計るのには最適です。

 

インターネットで業者を探す

給湯器の詐欺で最も多いのは、インターネット上で活動している悪徳業者による詐欺です。一見するとインターネットを利用するのは危険なようにも思えますが、事実上の最安値はここにあります。

当然、その辺の水道屋・設備屋よりも当たりはずれは大きくなりますが、候補の1つに加えるという意味で考えれば非常に有意義な選択と言えるでしょう。ただし「業界最安値」などの言葉に安易に飛びつかないよう慎重に検討してください。

 

ポイントは「見積もり無料、工事保証付き」です。交換見積もりを貰うのにお金を取られるようだと、複数社を検討する場合の旨味が減ってしまうので、タダで交換見積もりを出してもらえるかどうかは事前にしっかり確認することをおすすめします。

工事保証は「施工ミスがあった場合の保証」です。給湯器交換業者の「10年保証を付けます」という言葉は、給湯器の保証延長の10年を付けるという意味合いで使われることがあります。製品保証延長は保証されるものと保証されないものがあり、施工ミスによって故障した場合は保証されません。

雑な仕事、いい加減な仕事をして給湯器を取り付けると、施工方法が悪くて給湯器が故障するケースがあります。このような場合に修理業者を呼んでも、給湯器が新品だから無償とはならず「施工ミスなのでお金がかかる修理です」と言われてしまうでしょう。

インターネットで業者を探す場合は、見積もりを無料で出してくれて工事保証を付けてくれる業者がおすすめです。

 

関東、関西地域なら「住宅設備直販センターいえすと」がおすすめ

いえすと - ガス給湯器交換費用一例

 

対応エリアが関東地区・関西地区に限定されてしまいますが、住宅設備直販センターいえすとなら価格も安く、施工実績も問題ありません。給湯器交換に関する見積もり、現場調査も無料です。

商品保証と工事保証がそれぞれ10年付いて、給湯器本体から最大で80%以上の値引きもあります。

給湯器交換で詐欺に遭いたくない場合は、このような業者を候補に加えておくだけでも安心して検討できるはずです。関東地区・関西地区にお住まいの方はぜひ見積もりを依頼してみてください。

 



 

▶給湯器交換なら満足度No1の実績 年中無休で即日にも対応